ソイラテの秘密

COFFEE

みなさんはカフェに行くとき、お決まりのドリンクはありますか?

多くの女性に支持されているコーヒーテーブルのドリンクの一つに「ソイラテ」があります。

「いろんなお店でソイラテを頼むけど、コーヒーテーブルさんのソイラテが一番好み」

女性から「あなたが一番好み」と言ってもらえるソイラテは、ずいぶんと幸せ者です。

そんなソイラテの「秘密」について少し。

ソイラテは、豆乳とエスプレッソで構成されるドリンク。

みなさん、世の中には調製豆乳と無調製豆乳が存在することをご存じでしょうか?

実は世のソイラテは、調製豆乳で作られていることが多いのです。

調製豆乳とは、加工された豆乳のこと。
製造の段階で何かしらの加工(主に砂糖や油を加える)を行うことで飲みやすく仕上げた(と謳っている)豆乳のことです。ただ、飲みやすいとは非常に主観的で、人によっては飲みやすいけど、人によって甘すぎる、人によってはなんか好きだけど、なんか苦手という人もいるというのが実情。

そんな中コーヒーテーブルでは、ソイラテのレシピを再構築するタイミングで、無調整豆乳を選択しました。

無調製豆乳とは、読んで字の如く調整されていない豆乳のこと。

原材料は大豆のみ。非常にシンプルなものですが、シンプル故に、そのまま飲むと味わいにやや角が立ちます。いわゆる「豆っぽさ」が強い。当然こちらも好き嫌いがあるわけですが、幾分無調製豆乳は飲めないという人のほうが多い気がします。どんなに体に良いと言われる食べ物・飲み物でも、結局、味がとっつきにくいと無意識に遠ざけてしまいますよね。

ただ、なるべく余計なものが入ってない(施されていない)状態の豆乳のほうが、つくる味のイメージは組み立てやすい。それに加え、エスプレッソ( コーヒー)との味のバランスを考えた時に、すでに強い甘さをつけられた調整豆乳では、コーヒーテーブルのイメージする理想のソイラテにならない。

さて、どうしようか?
その秘密は、シンプル。

コーヒーテーブルでは、ほんの少し「きび砂糖」を使っています。

きび砂糖は、カラメル感と和のテイストを思わせる柔らかい甘みが特徴。

コーヒーテーブルのエスプレッソには、深い甘みと滑らかな余韻があり、きび砂糖と重なることで、深遠な星空のような濃厚でリッチな味わいのコーヒーシロップへと変貌します。

そして、そのコーヒーシロップを、無調製豆乳と組み合わせることで、上品で余韻が軽やかなコーヒーテーブルのソイラテが誕生するというわけです。

甘くてほんのりとした香ばしさが漂い、コーヒーシロップと無調整豆乳とのコントラストをスプーンで優しく混ぜると、濃淡が交わりながら、大人のコーヒーカラーへと表情を変えていきます。

ソイラテを口に含むと、無調整豆乳の素直なさっぱり感と、コーヒーシロップの大人の深い甘さが相まって、ずっとその美味しさの感覚の中を泳ぎ続けたくなるような、心地よい余韻を見つけることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました