何を考え、何を想い、何を描いているのか

OUR

コーヒーテーブルは2014年11月、新潟市の古町エリアにカフェとして初声を上げます。

今年で10年目。

老若男女、様々な世代の人たちに利用され、その人たちの使い方、その人たちの生活とともに、コーヒーテーブルも日々変化し成長しています。

丸10年を迎えようとしているコーヒーテーブルは、何を考え、何を想い、何を描いているのか、少しお話してみます。

「こころの栄養を人々に与え、街の日常に笑顔をもたらすこと」

私たちがこの街で日々お店を開けている理由です。

この10年間紆余曲折あって、必死になってやってきた結果見えてきた言葉。
たくさん間違って、考えて、反省して、改めて、いろんな感情と出会ってきた10年でした。

だからこそ、10年の月日が照らすように見えてきたこの言葉は、とてもシンプルで、私たちが目指しているものです。

中でも「こころの栄養」という言葉。

この言葉は、ビジョンの中核にあります。

私たちは、日々コーヒーやケーキを提供し、場所をつくり、それらを通じた時間をお客様に届けています。

果たして、コーヒーを売ることが私たちの仕事なのか
ケーキを焼いて、それを売ることが私たちの仕事なのか
もしそうだとしたら
利益を多く追求し、利益が出た分だけ喜び、それを自分たちの成長だと感じるでしょう。

でも、私たちはそうならなかった。

コーヒーは何のために淹れるのか
ケーキはなぜハンドメイドで焼くのか
カフェという場所はなぜ街にあるのか
何のためにあるのか

その問いの答えが「こころの栄養」という言葉でした。

みんな、がんばってますよね。
仕事でがんばって、学校でがんばって、子育てでがんばって、人付き合いでがんばって、自分の夢に向かって頑張って。
波のように上がれば下がり、下がった分だけ上がり、その過程で人それぞれ、たくさんの思いの中を泳ぎながら生きていく。
人間という生き物は、感情を持つことで、繊細で美しく、しなやかに、時に傷つきながら、前に進んでいきます。
傷つくのは、体じゃなくて、だいたい心なんだよね。
頑張りたいのに頑張れない、のは心が疲れているから。
そういう人が世の中には多いと思う。

だから、私たちはこころの栄養という言葉に、必然性とともに行き着いたと思うんです。

そもそもでいうと、カフェは人が集まり言葉を交わして、時に議論をして、自分の頭の中や心の中が整理されていく時間が存在する場所。そういう場所なんですよね。

言葉を交わすのは、自分以外の誰かじゃなくても、本を読みながら、文章を書きながら、自分と会話している(であろう)人もいて、そういう時間の過ごし方も、僕は好き。

頭と心が有機的に動いてる感じがすごく好き。

スマホの画面見てInstagramのストーリーズをポンポンポンポン見ている時って人の脳って動いてないんですよ。あれって知識でも何でもなくてただの情報でしかないから、すごく表面的で、中身がないものが多い。それを見てただただ過ごす時間て、無機質というか温度がないんですよね。

会話して、本を読んで、小説の世界を頭の中で旅したり、文章を書いたり、誰かを想ったり、そういう時間に共通するのは「人間の温度」なんですよね。

コーヒーテーブルが大切にしているのは、人間の温度、温かさ。

そういう温度がある場所だから、コーヒーテーブルはコーヒーテーブルとして存在していられる。

コーヒーだったり、ケーキだったり、空間も、温度が感じられるものかどうかを、いつも大切にしてます。

フードコートじゃないから、カフェって。
コーヒー提供して、はい終わり。
ケーキ用意して、はい終わり。
あとはご自由にどうぞー。
っていう、無機質な関係性がとどまる場所ではないと思っている。

カフェって、特性をもつ場所だから。

コーヒーテーブルが描くカフェってそういう場所だから、この先の未来でカフェは必要とされるものだと思ってます。

頑張る人が増えれば増えるほど、その数だけ、その量だけ、休む時間が大切なものになる。

リカバリーする時間って、旅行行ったり、景色の良い高級レストランに行ったりもあるけど、そういうのって、それをするためにエネルギーをちょっと使うんだよね。
素敵なんだけど、ちょっと頑張ってエネルギー使って、そのご褒美を得る、みたいなものだから、高級料理とか旅行行った後って、ちょっと節約しよう、みたいな気持ちになりません?

僕は日常の中に小さい幸せを見出すことに幸せを感じる人間だから「1週間よく働いた、自分!」的なご褒美を自分にあげるとか、新しい環境や慣れない環境で頑張ってる友達に休息を贈るとか、なんかそれくらいの軽い感じ。
フットワーク軽く向かえるのが、カフェ。

温度がある場所を、コーヒーテーブルはこれからも街に作り続けます。

ここまで話した言葉に「わかる!」とか「めっちゃ共感!」ってなった人と、コーヒーテーブルは一緒に働きたい。

そしたら、コーヒーテーブルが持つ温度って
もっともっと温かくて、もっともっと多くの人を温められるようなものに成長していけるし

その温度が起点となって、その街に住む人たちの生活が素敵なものになっていくと、僕は確信している。






スタッフ採用に関する投稿はこちらから
https://www.instagram.com/p/C4Nn-uivk74/?img_index=1

コメント

タイトルとURLをコピーしました